別称重量税という税金は

自動車重量税、別称重量税という税金は、国産車もしくはアメ車など車の生産している国やスポーツカー、ハイルーフ車というような自動車の形に関係なくたとえばレクサスやメルセデスベンツ、などにも普通に負担を必須とされている税金なんです。

新車登録の時あるいは車検を受ける時に支払いが発生する税金です。

この支払額はそれぞれの車の重さ毎に決められています。

「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金はまったく異なる税金のため、基礎を理解して一緒にしないようにしてください。

「自動車重量税は車の大きさにより」「自動車税とは自動車の総排気量により」税額が異なります。

それにより、買い取りの時の扱いも変わってきますので注意しましょう。

クルマの売却のときには支払い済みの車の額がいくら残っていてもその金額が返ってくるようなことはないのです。

一方自動車税の場合は、支払った税額を買取額に足してくれる場合がなくはないですが、重量税の場合は上乗せしてくれるようなことは全然ないはずです。

重量税については車を売るときに納付済みの額が残存しているからと言って自動車の買い取り業者でその事実が忖度されるケースは少ないと思います。

ですから次の支払い、つまり車検に出すまで売らずに待ってから買い取ってもらうという手段がベターと思います。

買い取り時は考慮してもらえない重量税ですが、ある条件の場合でしたら返ってくることもあるのです。

というのは、次の車検までの期間が残存している自動車を廃車処理する時です。

つまり廃車申請をすれば残存期間に従って重量税が還付されます。

ですが、中古車の引き取り時はその中古車が廃車されるのとは異なり返金されません。

また、売却する自動車の名義を変更したケースや盗難にあったケースなども返還してもらうことは不可能です。

自動車重量税の残存期間がある愛車を手放すことは要は車検の効力が残っている車ということと同じです。

それを買取店も配慮しますから、自動車重量税の期間が残っていれば買取額が上がるはずです。

勿論、査定額は店によってまちまちなのですが、車検の効力が残っていることが忖度されれば、手放す自動車の売却額からみるとそんなに払い損と考えることもありません。

Link

Copyright © 1996 www.atlantapostconference.com All Rights Reserved.